EVENT

これからのイベント

2018.7.26(木)

【サースデーライブ】正山陽子

表現する人のためのボクモ解放区、この日は木曜にやります!

マンデーライブと同じくノーチャージ(投げ銭制)で開催します。
お気軽にご参加ください。

【サースデーライブ】 
2018.7.26(木) 20:00〜20:20 ・21:30〜21:50 (仮)
出演:正山陽子(Vo)、井野アキヲ(Gt)
チャージ:無料(投げ銭ウェルカム!)

<正山陽子>
7 月24 日生まれ。兵庫県宝塚市出身。現在東京在住。

オーガニックソウルユニット「BardSyrup」として、ジャズパーカッショニスト、ジェフリー・ヘインズとの演奏を含めた1st アルバム『Syrup No.1』(universal IMS) を2001 年にリリース。

次のマキシシングル『好きなひとよ』は、表題曲をきいた廣木隆一監督の強い要望により、映画『恋する日曜日』(廣木隆一監督)の挿入歌に抜擢。

2010 年、ソロ活動を開始。オルタナティヴ・ジャズのエッセンスを取り入れたサウンド、親しみやすいメロディー。しかし決して甘くない、パンクやソウルの精神を感じさせる独特のボーカルワークは、幅広い年齢層に支持されている。

またライブパフォーマンスでは強烈な個性を放ち、Jill-decoy association,Dorlis, 竹本健一、奇妙礼太郎, コトリンゴ等様々なジャンルのアーティストと共演。

好評価を得ている。また、総合エンタメアプリ「UULA」配信の映画『透明ポーラーベア』(戸田恵梨香主演)では、ジャズシンガー役で出演するなど、活動範囲を広げている。



<井野アキヲ>
4歳でピアノを始め、16歳でギターへ転向する。ライブハウス、コンサートホール等で演奏し、来日ミュージシャンとの共演、様々なアーティストやタレントのバックバンドやレコーディング、楽曲提供、アレンジ等も手掛け、テレビやラジオ等の各種メディアにも多数出演する。国内の活動にとどまらず、海外のフェスやTVの出演、ライブも成功させている。


*正山陽子Official HP:
http://yokomasayama2013.sakura.ne.jp/
*Blog:ミュージシャン正山陽子の「ナンナンつれづれ日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/wani724
*FACEBOOK:
https://www.facebook.com/yokomasayama
*TWITTER:
https://twitter.com/yokomasayama
*YouTube
正山陽子チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC4y_ymRkH7r-R6leFoP5b-Q
Pv:「バイバイバイ」常盤司郎監督作品
https://www.youtube.com/watch?v=GCTEseSXWi4
「旅立ちの歌」
https://www.youtube.com/watch?v=_ztqKK70Fls

======


*マンデーライブ出演者募集 求む表現者。

歌/演奏/演技/朗読/描画/舞踊 なんでもござれ。

ここは自由な発表の場です。
月曜日のボクモは、表現者のための解放区。ジャンルは問いません。音響設備とミニステージと50インチモニターがあります。

この空間で何かを表現したい方は店長までご相談ください。 

時間は19:00~23:00の間で、30分以上。チケットは発券しません。 

ノーチャージ、チップ制。ギャラは、お客さまからのチップを100%還元いたします。

※通常営業の中でのミニイベントという位置づけで開催します。 

※事前にボクモによる審査があります。 http://www.bokumo.jp/event/index.php#c000000

これからのイベント

2018.7.21(土)

雷門福三 ボクモ寄席 〜階段おりたら怪談噺〜

ボクモで寄席を初開催!

出演は、名古屋を舞台にしたオリジナリティ溢れる噺で人気の雷門福三さん。

夏にぴったりの怪談噺が、福三さんの語り口でどう料理されるのか、乞うご期待です。


雷門福三 ボクモ寄席 〜階段おりたら怪談噺〜

2018年7月21日(土)16:00 開場 16:30 開演
会場:ボクモ 名古屋市中区栄5-26-39 GS栄ビルB1

ご予約
お電話:052-253-6950(月〜土の17:00以降)
メール:eventあっとまーくbokumo.jp(アットマークを治してください) 件名「雷門福三」、本文に「お名前、電話番号、人数」を書いてください。

当日、18時以降は通常営業です。居残り食事も歓迎いたします(ご予約がベター)。

これからのイベント

2018.7.15(日)

ボクモ9周年パーティー3日目「芸&術」 

ボクモ9周年パーティーの最終日、3日目。

これまでのボクモを彩ってきた素晴らしいアートがここにずらりと並びます。

そう、この夜あなたは、この地下の空間で「芸と術のはざま」に挟まれ、あなた自身がアートの一部となるのです。

**********

「芸&術 ボクモ9周年パーティー 3日目」

2018年7月15日(日)
open 17:30
start 18:00 / end 22:30

出演
蜂鳥あみ太=4号(シャンソン歌手)
大和田千弘(ピアノ)
悠情(フィドル)
野竿進悟(書道)
The Borders(賑やかし) ...and more!

■ワインとビール飲み放題
■おつまみビュッフェあり
■ロックモの「ハルカレー」あり
■岩須の「店長パスタ」登場

参加費:6,000円

**********
ご予約方法:
■ボクモもしくはロックモ店頭 
■メール event@bokumo.jp お名前、人数、電話番号をご記入ください
■お電話 ボクモ 052-253-6950(月〜土 17:00以降)

これからのイベント

2018.7.14(土)

ボクモ9周年パーティー2日目
大人の教室【夜更かしの作法】 

ボクモ9周年の2日目は、ここでしか味わえないカウンターカルチャー感たっぷりのパーティー!

トークショウのスペシャルトークゲストは、新宿二丁目&栄4丁目からご来店のドラァグクイーンの大御所おふたり。

歌は、日本でただ一人、バロック音楽からシャンソンまでを縦横無尽に裏声で歌い上げる稀代のカウンターテノール歌手・蜂鳥スグルさん。
ピアノは、ボクモ初登場のamamoriさん。プログレやメタルを昇華してオリジナルにたどり着いたらしい。気になる!

ボクモの人気メニューから抜粋したビュッフェ料理や、店長セレクトのワイン、クラフトビールといっしょに、キョーレツなエンターテインメントをご堪能ください。

**************
大人の教室【夜更かしの作法】
ボクモ9周年パーティー2日目

2018年7月14日(土)

16:00 open
16:30 [1時間目]トークライブ
   出演:マーガレット(ドラァグクイーン)、アンジェリカ(ドラァグクイーン)、蜂鳥スグル
17:30 [1時間目終了]
18:00 [給食] ビュッフェタイム
20:00 [2時間目]演奏会
   出演:蜂鳥スグル(カウンターテノール歌手)、amamori(ピアノ)
[放課後]〜バータイム
22:30 [終了、解散]

***************

参加費:
【通し参加】5,000円+1drink
【1時間目のみ参加】1,500円+1drink
【給食〜放課後まで参加】4,000円+1drink

**********
ご予約方法:
■ボクモもしくはロックモ店頭 
■メール event@bokumo.jp お名前、人数、電話番号をご記入ください
■お電話 ボクモ 052-253-6950(月〜土 17:00以降)

これからのイベント

2018.7.13(金)

ボクモ9周年パーティー1日目『恋するワイン』

「恋するワイン」

それは、独身男女だけが参加できるワインパーティー。

ワインが好き!ワインが知りたい!ワインを楽しみたい!

この会は、そんなあなたのための出会いの場です。

ワインをキーワードにして、新しい人に出会いましょう。

ボクモ9周年は、ウキウキ・ドキドキなこのパーティーからスタートです。

**********
恋するワイン
〜独身男女のワインパーティー〜
ボクモ9周年祭初日
**********

2018年7月13日(金)
open 19:00 start 19:30 end 22:00
■ソムリエ店長セレクトのワイン10種類が飲み放題
■ボクモの人気メニューから抜粋したビュッフェつき
■DJや生演奏が会場を盛り上げます!

参加費:男性 6,000円 女性4,000円

**********
ご予約:このFacebookの参加ボタンだけでは申し込みとはなりません。
■ボクモもしくはロックモ店頭 
■メール event@bokumo.jp お名前、人数、電話番号をご記入ください
■お電話 ボクモ 052-253-6950(月〜土 17:00以降)

上記のいずれかで参加申し込みをしてください。
定員になったところで、申し込みを打ち切ります。

**********
*注意事項*
■ドタキャンは、男女比に狂いが出てきますので、おやめください。万が一来られなくなったら代役を立ててくださいね。
■強引なナンパ、宗教やセミナーなどへの勧誘は一切お断りします。
■泥酔も禁止。節度ある行動が出来ないと見なされた方はご退場いただく場合があります。

これからのイベント

2018.6.27(水)

丸善ゼミナール「葡萄界への誘(いざな)い vol.23」〜いよいよブーム到来!?ニュージーランドワインを楽しもう!

書店・丸善名古屋本店で開催されている「丸善ゼミナール(通称:マルゼミ)」は、硬軟織り交ぜて繰り広げられるカルチャー全般の入門講座。

そのワイン部門「葡萄界への誘(いざな)い」をボクモ/ロックモの岩須直紀が担当いたします。

「難しいイメージのあるワインを出来るだけわかりやすく」をモットーに、最小限の専門知識で楽しめる方法をお伝えします!

「葡萄界への誘(いざな)い vol.23」
・テーマ「いよいよブーム到来!?ニュージーランドワインを楽しもう!

・日時:2018年6月27日(水)19:00〜20:00
・会場:丸善名古屋本店 1階イベントスペース
・喋る人:岩須直紀
・参加費:1,000円(ワインの試飲あり)
・定員:15名
・予約方法:丸善名古屋本店1階サービスカウンター、ボクモ店頭、お電話(ボクモ:052-253-6950)にて。

なお、ワインの試飲がありますので、お車でのご来場はお控えください。

これからのイベント

2018.6.23(土)

【サタデーライブ】小関ミオ

表現する人のためのボクモ解放区「マンデーライブ」が、この日は土曜日開催。その名も「サタデーライブ」(まんま)。

マンデーライブと同じくノーチャージ(投げ銭制)で開催します。
お気軽にご参加ください。

【サタデーライブ】
2018.6.23(月) 20:00〜20:20 ・21:30〜21:50
出演:小関ミオ
チャージ:無料(投げ銭ウェルカム!)


<小関ミオ>(オフィシャルサイトのバイオグラフィーより)
繊細で情熱的なヒーリングボイス、フレンチスピリット満載のキュートなボーカル小関ミオ。
作詞作曲家の一面も持ち、ENVIE名義で多くの詞曲提供も手がける。

幼少の頃からフランス語を学び、2013年 本格的にフランス語を音楽に取り入れるため単身渡仏。 帰国後 その美しいフランス語とアンニュイで透き通るボーカルが話題になり、 CMソングなどで活躍。

音楽活動の他、夏木マリ主宰のパフォーマンス集団マリナツキテロワールの一員として2017年には東京・京都・パリ公演に出演。

2016年 CMで歌声を聞いた神戸 湊川の小さな洋菓子店 から「神戸に歌いに来て欲しい」と1通のメールが届く。 東京〜パリでの活動を経て、2016年末からは神戸に拠点を移し新たな活動をスタートする。

2017年6月 自身初の全国盤EP『Before Monday』がKiss FM KOBEのパワープレイ HOTRAXX EXTRAを獲得。

それを機に、視聴エリアの兵庫県全域を半年間で118箇所巡るライブツアー【HYOGO 100 LOVE❤LIVE】を繰り広げ大きな話題に。 満席の会場が拍手と感動で埋め尽くされたツアーFINALでは、壮大な旅の始まりとなる 全国47都道府県にある全791市をめぐる人生を賭けた20年構想の【JAPAN LOVE❤LIVE TOUR】プロジェクトを表明。

2018年3月 国内最大級の阪急百貨店フランスフェアの総合司会に大抜擢され、自身のLIVE出演を始め 巧みなステージ演出 情熱的な作品解説 心あたたまるフランス語通訳が 国内外の関係者の中で一気に話題になる。

2018年4月 日本とフランスを強く結ぶ活動『日仏革命』を国内外でワイルドに展開する為、独自のメディア『ENVIE jounal』を創刊。

そして2018年6月 1年目の全国ツアー【JAPAN LOVE❤LIVE TOUR 2018】をスタート。 揺るぎない信念と覚悟で シンガーとしての枠にとらわれず、表現者として精力的な活動を行う。

小関ミオ オフィシャルサイト

======

*マンデーライブ出演者募集 求む表現者。

歌/演奏/演技/朗読/描画/舞踊 なんでもござれ。

ここは自由な発表の場です。
月曜日のボクモは、表現者のための解放区。ジャンルは問いません。音響設備とミニステージと50インチモニターがあります。

この空間で何かを表現したい方は店長までご相談ください。

時間は19:00~23:00の間で、30分以上。チケットは発券しません。

ノーチャージ、チップ制。ギャラは、お客さまからのチップを100%還元いたします。

※通常営業の中でのミニイベントという位置づけで開催します。

※事前にボクモによる審査があります。 http://www.bokumo.jp/event/index.php#c000000

これからのイベント

先生たちのアウトリーチを応援!

ボクモは、大学や研究機関の方のアウトリーチ活動の場として使っていただいています。

ワインやビールを片手に、市民向けの講座をやるのもなかなかオツですよ!

酒場でのアウトリーチに興味がある先生の皆さん、ボクモまでお気軽にお問い合わせください。

メールは、eventあっとまーく(なおしてください)bokumo.jp
ボクモ 代表 岩須直紀までお願いします。



<アウトリーチ・イベント出演者一覧>(すべて敬称略)

■2013年

・あいちサイエンスフェスティバル2013
堀容子(ケアラーサポート研究会 代表,名古屋大学 医学系研究科 元教授)
木村雅人 (トヨタテクノミュージアム産業技術記念館 学芸企画グループ グループリーダー) 
新美輝幸(名古屋大学 生命農学研究科 助教) 
山本和生 (一般財団法人ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 主任研究員) 
北村秀行 (日本エコロジスト支援協会 理事・事務局長) 

・Ambitiousトークライブ
藤吉隆雄 (北海道大学 理学研究院 博士課程教育リーディングプログラム推進室 特任准教授) 

2014年

・あいちサイエンスフェスティバル2014
坂本裕俊 (名古屋大学ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト特任助教)
仲井豊 (愛知教育大学名誉教授) 
葛谷雅文 (名古屋大学未来社会創造機構教授) 
横山弥生 (大同大学情報学部 教授) 
荻原彰 (三重大学教育学部 教授) 

2015年 

・あいちサイエンスフェスティバル2015
杉谷健一郎(名古屋大学 大学院 環境学研究科 教授) 
河部壮一郎(岐阜県 博物館 学芸員) 
田畑泰彦(京都大学 再生医科学研究所 教授)
町田健(名古屋大学文学研究科教授) 
高野智(日本モンキーセンター主席学芸員) 

2016年
京都大学iPS細胞研究所がボクモにやってくる! 
第64回名大カフェ"Science, and Me " 
「出張「CiRAカフェ」in名古屋 今宵限りのiPS Bar」
櫻井 英俊(京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 准教授)

これからのイベント

土曜日の昼下がり

トークイベント募集

ボクモでは2009年の開店以来、トークイベントを不定期で開催しています。

酒を酌み交わして生歌や生演奏を聴くのはもちろん楽しいですが、ボクモは「人を魅了するトーク」も、立派な出し物になるし、酒の肴にはもってこいだと考えます。

(実は、看板の「ワイン、ビール、雑談」の「雑談」には「トークイベント」の意味も込められています)

これからの時代、食欲(アルコール欲含む)と知的好奇心を同時に満たすイベントって、きっと新しいエンターテイメントの形になると思うのです。

なので、酒の肴になりそうなお話を持っている方、ぜひ、ボクモでトークイベントを開催しましょう。

詳しくは、店頭までお越しいただくか、メールでお問い合わせください。
eventあっとまーく(なおしてください)bokumo.jp
ボクモ 代表 岩須直紀までお願いします。


<トークイベント開催実績>(すべて敬称略)

■2013年
・トークライブ「渋モノナイト~珍建築×渋ビル」
名古屋渋ビル研究会 大竹敏之(フリーライター) 

・Ambitiousトークライブ
藤吉隆雄 (北海道大学 理学研究院 博士課程教育リーディングプログラム推進室 特任准教授)

2014年
・トークライブ&ワイン昼飲みパーティー「冬こそドイツワイン」
山野高弘(ヘレンベルガー・ホーフ) 舩橋紀公子(ドイツ語通訳)
・『コンクリート魂 浅野祥雲大全』出版記念トークイベント B級スポット?それともアート? 幻の鉄筋コンクリート仏師の真実!!
大竹敏之(フリーライター) 小松久人(㈱青月社 編集者)

2015年
・トーク&スライドショー 「異種民俗文化対決!?ご当地スーパーvsコンクリ仏像」
菅原佳己(ご当地スーパー研究家) 大竹敏之(フリーライター、浅野祥雲研究家)

・納涼「地獄絵vsコンクリ仏像」トーク&スライドショー
鷹巣純(地獄絵研究家) 大竹敏之(フリーライター、浅野祥雲研究家)

・オーロラ上映トークライブ
中垣哲也(オーロラメッセンジャー) 

2016年
京都大学iPS細胞研究所がボクモにやってくる!
第64回名大カフェ"Science, and Me "
「出張「CiRAカフェ」in名古屋 今宵限りのiPS Bar」
櫻井 英俊(京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 准教授)



<ラジオ番組とイベントを連動させた企画>
2012年4月~2013年3月 毎月1回、ボクモに各界のトップランナーを招いて 仕事への思いや志についてトークを繰り広げるトークショウ 「ボクモナゴヤジン」を制作。

この模様を、FM愛知にて毎週木曜日20:30~21:00の連動番組 「ボクモナゴヤジン」にて放送した。

プロデュース、演出:岩須直紀(株式会社イチロイモ)
司会:森健(森健事務所 コピーライター)

主な出演者
大同大学 工学部建築学科 教授 宇野享
神谷デザイン事務所 代表 神谷利徳
電通中部支社 エグゼクティブ・クリエーティブディレクター中山昌士
ル・マルタン・ペシュール オーナーソムリエ 那須亮
プロスノーボーダー竹内正則
CBCラジオ パーソナリティー ディレクター堀井庄一 @FM(FM AICHI) プロデューサー島本英輝


これからのイベント

期間は1ヶ月

アート展示募集

ボクモでは、ボクモの壁面を使ったアート作品の展示を随時行っています。

タイルの壁面に両面テープで固定できるものであれば、写真・絵画・その他アート作品、なんでも展示できます。

展示期間は基本的に1ヶ月間。

作品の販売も可能です。

お気軽にスタッフまでお問い合わせください。


<アート展示例>

2015年5月〜
ライブカメラマン古川喜隆 写真展「瞬き」
ミュージシャンのライブ写真5点を展示

2013年5月〜
三人展「さよならHello」
谷口尚子、倉田幸子、榮菜未子の作品を展示

これからのイベント

隔週水曜日 21:00~22:00

朗読イベント「BGM - Music + Reading Aloud」
朗読イベント「BGM - Music + Reading Aloud」

通常営業の中で、21時からの1時間だけ店内のBGMをオフにし、
朗読DJ・折出賢一 さんによる生の朗読をBGMがわりに楽しんでいただきます。
数々の名作の中から、この季節、この時間、このムードにあった一冊をセレクト。心を込めて読みます。

出演 : 折出賢一

(もし気に入ったら投げ銭をひょいと入れてくださいませ!)

これからのイベント

月曜随時

月曜ボクモはみんなの発表の場でもあります。
ボクモ presents「マンデーライブ」
ボクモ presents「マンデーライブ」

求む表現者。歌/演奏/演技/朗読/描画/舞踊 なんでもござれ。ここは自由な発表の場です。
月曜日のボクモは、表現者のための解放区。ジャンルは問いません。音響設備とミニステージと50インチモニターがあります。この空間で何かを表現したい方は店長までご相談ください。
時間は19:00~23:00の間で、30分以上。チケットは発券しません。
ノーチャージ、チップ制。
ギャラは、お客さまからのチップを100%還元いたします。

※通常営業の中でのミニイベントという位置づけで開催します。
※事前にボクモによる審査があります。

詳しいお問い合わせは、電話:052-253-6950(平日17:00以降)もしくは、eventアットマークbokumo.jp(アットマークを@になおしてください)まで。